【読書メモ】レバレッジ・リーディング

はじめに

これから読書メモをブログにまとめていこうと思う。

読書メモを起こす理由は、シンプルに読書で得た知識を本当にモノにしたいからだ。考え方についてや実務的な本を読んできたが、これまであまり身についていると実感できたことがなかった。原因は本を読みっぱなしにして、振り返りもせず、そのままにしていたからであると思う。

著者が何十年とかけて身につけてきた技術を一冊の本に凝縮したもの、それが『本』である。その道のプロが長い年月をかけて気づいた・身につけた知識がたった一度読んだだけで身につくはずもない。

これから読書メモの記事をアウトプットの場としてまとめて、自分の知識に変えていこうと思う。

 

この本を読む目的

レバレッジ・リーディングを読む目的は、『読んだ本を自分の知識に変えていく方法を知ること。』

読書は去年から程々に続けてきたが、読み終えただけで満足してしまい、その後特に身になったと感じたことが殆どなかった。読書メモは本で得た知識をアウトプットする機会であり、この本を読んで、本の知識を本当に自分のものにするには、それを意識的に行う必要があると感じたから始めた。

『レバレッジ・リーディング』の読書メモ

本を読むということ

わたしにとって読書とは、「投資活動そのもの」だからです。本を読むのは自分に投資することです。それは、このうえなく割のいい投資です。どんなに利率のいい金融商品に投資するよりも、確実に多くのリターンをもたらします。  ビジネス書の値段は、だいたい一二〇〇~一八〇〇円です。仮に一冊一五〇〇円としましょう。この一五〇〇円の本から学んだことをビジネスに生かせば、元が取れるどころか、一〇倍、いや、一〇〇倍の利益が返ってきます。これはわたし自身や周囲の成功者の実績から弾き出した数値です。  一〇〇倍ということは、一五〇〇円が一五万円になるのです。つまり、わずか一五〇〇円の本の中に、一五万円の価値が隠されているのです。読書ほど格安の自己投資はありません。

ビジネス書には、努力の末に成功した人がその知識やノウハウを書いたものがたくさんあります。それを読むということは、成功した人のやり方から学ぶということにほかなりません。その知識やノウハウを自分流にアレンジして仕事に役立てれば、もっと効率よく仕事をすることができます。本を書いた人が何年も何十年もかけて体得したノウハウを、わずか一冊の本を読むだけで手に入れることができるのです。そのうえで自分なりの工夫を加えれば、早く、少ない労力で、成功にたどり着ける。その結果、時間の余裕が生まれるというわけです。

「不労所得」と「勤労所得」のようなもので、本を読まなければ、「勤労所得」のように、毎回自分でゼロからいろいろ試行錯誤して、実行することでリターンを得ることになります。しかし、本を読むことで、「不労所得」のように、蓄積してきた「パーソナルキャピタル(自分資産)」を働かせることにより、少ない労力で大きなリターンを得ることができるようになることなのです。

みんなが本を読まないということは、逆に本を読むだけでその他大勢から突出できるということでもあります。大きなチャンスではありませんか。基本的に人間のレベルにそれほど大差はありません。ただ、やるか、やらないかの違いだと思います。

目的意識を持って読む

常に目的意識を持って、いらないところは切り捨てる読み方をすると、一冊の本を短期間で読み終えることができるので、どんどん本が読めます。必要な情報だけが入ってくるし、次々に新しい有益な本を読むことができます。つまり、情報の取捨選択能力がアップしたわけです。

読書がただの情報収集やお勉強ではなく、一〇〇倍のリターンをもたらす投資活動になるかどうかは、まず、いかに今までの読書に対する常識を捨てられるかにかかっています。

アウトプットが大事

大事なことは、本を読んで得た知識で何をするかです。たくさん本を読むことを奨励するにあたって、こんなことを言うのはなんですが、実は本を何冊も読んでいるからといって、偉くもなんともありません。 インプットするだけでは、ただの自己満足にすぎません。いかにアウトプットするかが勝負なのです。繰り返しますが、多読は投資活動です。つまり、読んだ内容を仕事に生かすこと、投資の結果を出すのが最終目的です。そのために、わたしは年間一〇〇万円弱の本代をかけているのです。二十代でまだ手取りの収入が少ないときは収入の一〇%を本代にかけるように心がけていました。

情報の取捨選択能力を高め、必要な箇所以外を読まないことで、読書時間が短縮できます。最終的には他人の経験にレバレッジをかけて、実践に役立つノウハウとし、自分のものにするのがねらいです。

レバレッジをかけるのが目的なら、速く読むことよりも、むしろ自分にとって重要なポイントのみをつかみ、内容を理解して実行することのほうが重要だと思います。

読書という名の”自己投資”

将来大きなリターンが欲しいなら、自分に投資しておくべきです。株なら暴落することもあります。しかし読書なら、たいていは何かしら得るものがあるはずです。勝ち負けで言えば、勝つほうが圧倒的に多いという珍しい賭けなのです。もちろん「読んで損した、時間の無駄だった」と思うような本も中にはあります。しかし経験を積むうちに、そういう本に引っかからずに済むようになります(その具体的な方法については後述します)。つまり、どんどん勝率が上がってくるのです。

本の選び方

読みにくい本を我慢して読む必要はありません。もし難しい本を買ってしまったら、無理して読み続けないことです。

即戦力になるのは、自分にとってやさしい本、読みやすい本のほうです。ビジネスに役立つのは、理論より、実践のノウハウということです。したがって「教養型」の本ではなく、「経験型」の本を選ぶべきです。

教養型というのは、学者や研究者などが書くような、実務とは離れて理論を中心に書かれた研究書です。そういう本は、分厚くて、値段も高いことが多い。先ほど説明したA5判でハードカバーの立派な本はこの典型です。

一方、経験型とは、著者が自分自身の経験をベースに書き起こした本。経験者に直接アドバイスをもらうというものです。値段も一〇〇〇円台がほとんどです。わたし自身が選ぶのも、ほとんどが経験型です。なぜなら、 他人の成功体験にレバレッジをかけるのが目的だからです。

無理して読みにくい本を読むのはかえって非効率。わかりやすい簡単な本のほうが返って入ってきやすいし、頭にも残る気がする。

最初のうちは、自分の人生の課題に役立ちそうな本とか、自分のビジネスに直接関係のある本がいいでしょう。興味を持って、切実に読めるからです。  営業の仕事をしているのなら、営業マンのノウハウについて書かれた本。起業をめざしているのなら、起業して成功した人の本。時間管理に悩んでいるのなら、タイムマネジメントの本というように、自分の仕事に明日からでも使えそうな本が興味を持って読めるでしょう。その中でも「こうやったらうまくいった」とか「このやり方で儲かった」という経験型の本がすんなり頭に入ります。

 

同じテーマの本を何冊か読む

当然、表現は違えども内容に重複はあります。だからといって、何冊も読むのが無駄だとか、もったいないということではありません。むしろ逆で、複数の本を読むからこそ、重要なポイントがわかるのです。つまり、どの本にも同じことが書いてあれば、それは誰もが認める重要なポイントだと判断できるのです。

一冊の本だけに書かれていることは、その著者個人の意見かもしれません。しかし、もし同じことを一〇人の著者が主張していたら、それはもう原理原則と呼べるのではないか。これがわたしの持論です。

本を読むという習慣

読書にふさわしい時間帯は人それぞれですが、わたしはやはり朝一番をおすすめします。夜はアルコールが入っていることも多いですし、眠る前に仕事に関係のある本を読むと、目が冴えて眠れなくなることもあります。慣れるまでは大変かもしれませんが、いつもより一時間早く起きて、入浴しながら本を読むのはどうでしょうか。それに、どうせお風呂には入るのですから、その時間に本を読めば時間の節約になります。

読み方のポイント

・本を読む前に、「この本から何を学ぶか」とはっきりさせておく。そうすれば重要なポイントがよく目に入るし、余計なところを読まずにすむ。

・一日の生活のリズムに読書を組み込む。 読書時間は意識的にとらないと、いつまでもとれない。 読む前に、「何時間以内で読む」と決める。

・「まえがき」「目次」「あとがき」などに目を通し、あらかじめ本の概略をつかむ。

・本のストックは切らさない。

・ダメ本は、さっさと読むのをやめる。

・ポイントに線を引き、ページの角を折る。読みながら考えたことは、どんどん書き込む。

・読むスピードは一定でなく、緩急をつける。

読書後のフォロー=アウトプット

せっかく投資した時間とコストを回収するためには、これから述べる「読書後のフォロー」を行うことが絶対に必要です。もちろん、このようなフォローをしなくても、本を読まないよりは数倍ましです。しかし、読んだ直後は内容を覚えていても、絶対に忘れていきます。

「究極の本」の作り方を紹介します。わたしはこれを「レバレッジメモ」と名づけています。  本の大事な部分を抜き書きしたメモを作る方法は、人それぞれ自分に合ったやり方があると思いますが、わたしの方法を紹介しましょう。  方法といっても、ただパソコンに入力して、A4判サイズのコピー用紙にプリントアウトするだけです。それをいつも身につけて、折に触れて読み返します。しかも、現在の自分に合ったところのみを読むことにしています。電車がホームに入ってくるのを待つ間、タクシーに乗っている間、アポイントの相手が現れるまでのすき間時間などに取り出して読みます。

レバレッジメモ、これの代わりにブログでアウトプット⇒見返すという習慣化。

いつもメモを持ち歩きます。 いつも持ち歩いて繰り返し何度も読むと、その内容が、だんだん自分になじんできます。使い込んだ道具が手のひらになじむように、ものの考え方や行動習慣が自分自身のものになっていきます。  何か意見を求められたときや判断を迫られたとき、本から学んだことが反射的にパッと出てくるようになります。そうなってはじめて、本当に自分の血肉になったと言えるでしょう。プロスポーツ選手は良いフォームを身体で覚えるまで何度も練習すると言います。だから試合のときに意識しなくてもいいプレーができる。そんなふうにイメージしていただければ、わかりやすいかと思います。

とにかく大事なのは、本から得たノウハウをレバレッジメモにまとめ、繰り返し読んで条件反射的に行動できるようにし、どんどん実践で活用していくことです。読まなければ始まらないのは無論ですが、読んだだけで実行しなければそれで終わりです。

まとめ

・読書は最も効率の良い投資である

・『レバレッジメモ=アウトプットを行うこと』・『それを何度も見返して、反射的に出てくるまでなじませること』が本で得た知識を血肉に変えていく方法

・本を選ぶ段階で『なぜその本を読むのか』という目的を持って選ぶ

少し前に読んだ本だったので、この本で述べられている通り殆ど内容を忘れていた。やっぱり読書メモにしていくのは大事。今後も良書を読むたびにこの読書メモを書き続けていこうと思う。

終わり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です