Anycaでカーシェアオーナーを始めて1ヶ月目の収益公開。

はじめに

先日紹介したカーシェアアプリの『Anyca』。僕はカーシェアオーナーとしてマイカーをカーシェアに出している。

 

Anyca (エニカ) “乗ってみたい”に出会えるカーシェアリングアプリ

Anyca (エニカ) は、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービスです。スポーツカーから痛車まで、全国オーナーの多種多様なクルマを利用することが出来ます。自動車保険に1日単位で加入するシステムなので、安心に使えます。

 

ちょうど現在、カーシェアオーナーを初めて一ヶ月。その収益について本日は公開しようと思う。都心(特に都内)でカーシェアオーナーを考えている人は、参考にして頂ければ。

カーシェアオーナー1ヶ月目その収益は…

少しもったいぶってしまったが、カーシェアオーナー1ヶ月目の収益がこちら。

7月1ヶ月の収益は『49,000円』

正直、僕としては想像以上に儲かってしまいめっちゃ驚いた。

収益の中身はこんな感じ

具体的な収益の内容は以下の通り。

・カーシェア料金:6,000円(休日・平日問わず)

・カーシェア回数:合計4回

・シェア日数  :合計9日間

つまり、

【49,000円 = 6,000円9日 ー 5,400円(Anyca手数料10%)】

正直、初月でここまでシェアリクエストが来るとは思っていなかった。加えて、4回中2回は3日間シェアで比較的長期でシェア頂いたことが大きい。運が良かったこともあるだろう。

それなりに人気シェアを取るコツ

まだオーナー歴1ヶ月の段階でおこがましいかもしれないが、一月シェアオーナーをしてみて、シェアを成立させるために重要だと感じた点についてまとめる。

カーシェア成約までの重要な3つのポイント

① 急なリクエストにも即レスポンス

② 受け渡し地は、極力中間地点まで向かう努力を

③ シェア前には洗車を

順番に説明していく。

急なリクエストにも即レス

カーシェアオーナーをしていて、結構びっくりするのが、思いの外直前のリクエストが多い。シェア希望日が週末ならば、まだ早いほうで、前日の夕方に『明日朝イチからいけますか?』と聞かれるケースも多かった。

このように急にリクエストが来た場合でも、極力早く返信し、ユーザーさんの待ち時間を減らす努力は必要。そうすることで、もしそのタイミングのシェアができなかった場合でもリピートで聞いてきてくれることがあった。

ユーザーサイドの心理としては、やはり急遽車が必要になった場合、早くシェアを確定したいはず。そこですぐに返信があるオーナーは非常にスムーズにシェアの可否がわかるので、『次も聞いてみよう』という気持ちになる。

受け渡し地は極力中間地点まで向かう努力を

シェアにあたって一つ重要なポイントとなるのが、受け渡し地点。

僕の経験上、多くのケースでユーザーさんは持ち主の近くまで来てくれることが多かった。それが基本の考え方となる場合、少しでもユーザーさんの近くまで車で向かったほうがやはり嬉しい。

例えば、

『品川近くに在住でユーザーが葛西に住んでいるのであれば、少し遠出して東京駅で受け渡し』みたいに。

車を持っている側で動きやすいのもあるので、少しでも近づいて受け渡したほうがユーザーとしては少し得した気持ちにもなる。

シェア開始前には洗車を

最後にシェアを行う前には洗車をしたほうがいい。

当たり前ではあるが、乗る側からしてもピカピカの綺麗な洗車後の車に乗るほうが嬉しいに決まっている。そして、オーナーをしてみて思ったのが、オーナーとしても洗車をして綺麗な車を受け渡したときに、

『綺麗な車ですね』と言われるととても良い気分になる。シェアを行う際のマインドのような話になるが、お互いが気持ちよくシェアできることが何より重要。

そして、洗車をして受け渡した方は十中八九、同じように洗車をして綺麗にして返してくれる。中には社内を掃き掃除してくれて、もはやシェア前よりもきれいになって返ってきたこともあった。これには流石に感動したし、ぜひまた借りてほしいと思えた。

お互いが気持ちよくシェア出来るように心がけることが何より大切。

まとめ

1ヶ月カーシェアオーナーをしてみて、これだけの収益が出たのは純粋に嬉しかった。ただそれだけでなく、カーシェアを通じて、ユーザーの方と話したり、一部の人は趣味が合うことが分かってLINEを交換して仲良くなった人もいる。

カーシェアを通じて、新しい人間関係が生まれるというのも一つの良さかもしれない。オーナーとしてもユーザーとしてもオススメのAnyca、ぜひ一度利用してみて頂ければ、その良さがわかってもらえるだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です